■ お知らせ

ディレクター始めました。
詳しくはこちら。

■ スケジュール

1/15(土) 原宿アストロホール
2/11(祝) 代官山 晴空豆

(他、突然飛び入りはあるかも!?)

詳しいスケジュールはこちら

■ PROFILE

Azami Tomal

Author:Azami Tomal
浅見トマル (あざみとまる)

音楽ディレクター、A&R。

ミュージシャン。
Sound Produce, Drums, Perc.

トマル術を知らないんです。

※ブログはきまぐれで進行中。


最新スケジュール


プロフィール詳細

メッセージはこちらへ。

mixiもやってます。

足あと帳あります。
 靴は履いたままでどうぞ。

「wanicoff」やってます。
 <3Musicians+1VJ+1Design>

「創作ユニットRe@life」
 日々面白いこと考えてます。
 ポッドキャスティング配信中!
 こちらのBlogにも時々寄稿。

■最近の記事
■最近のコメント
■過去にお世話になった方々 他
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■RSS
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
花見のススメ
ここ数日、天気予報が二転三転。

週間予報では、土曜日は雨。
でも一昨日は"晴れ"に変わった。

それならそれなら、土曜日に花見をやろう!
いつもの仲間に声をかけた。

でも当日起きたら、どよよん。
おいおい・・・オレってば、やっぱり雨男なのか。

いやいや、花見をやるのは俺らだけではない。
日本全国の晴れ男・晴れ女が力を発揮するさ。

花見の幹事って初めてだったから迷ったけど、
とりあえず、Re@lifeのナベちゃんと場所取りに行った。
なかなか穴場な公園で、余裕で遅かったのに良い所が取れた。ほっ。

070331hanami01.jpg 070331hanami02.jpg

桜を眺めながらゆっくり待つ。こんな時間が乙。
寒かったので、露店のもつ煮込みで暖める。うまっ!

070331hanami03.jpg

みんな酒を抱えて集まってきた!

雨はガマンしてくれてるよう。
酒が入ってきた。
よし、セッションやろうぜ!

070331hanami07.jpg 070331hanami08.jpg


もちろん大合唱も始まった。

070331hanami05.jpg

そしたら、怒られるわなぁ・・・

でもさ、「カラオケは9時までいい」って注意書きに書いてあるじゃん。
生演奏じゃいけないのかぁぁぁ!!!

070331hanami06.jpg

怒られてちょっとしょんぼり。だって大人ですから。
節度を持ってどんちゃん騒ぎ!!!


呑んで呑んで、歌って歌って、笑って笑って、
14時から深夜の2時まで、正味半日呑み続ける。

そしたら・・・

070331hanami04.jpg

やっぱ、こうなるわなぁ・・・

桜散る散るトマル散る。



スポンサーサイト
Music Diary | 23:12:19 | Trackback(0) | Comments(0)
春だ!wanicoffだ!
wanicoffが冬眠から目を覚ましたようです。

さあ、暖かくなってきたし動くか。
じゃあ、新譜を作ろう。
よしっ、レコーディングだ!

動き出せば何とも身の軽いワニです。
空も飛べるはず。

070330rec.jpg

木村くんが撮った写真は、
まるで彼自身の最近の絶好調ぶりを象徴しているかのように
キラキラしてるね。


この日はダダ~ッと3曲。
新しく加わった10"のタムもカラフルな流れを作ってくれた。
今回は新シンバルもたくさん持ってったから、そのチョイスも楽しい。

この日の僕はこの3人。

スティーブ・ジョーダン
林立夫(やや"松本隆"寄り)
スチュアート・コープランド

全然違う3人の神様たち。
浅見トマルの中で1つになれってんだ!


って、何を偉そうに・・・(笑)

とにもかくにもお楽しみに。



いよいよ5月にはライブもあるよ。

★5月3日(木・祝) 青山 月見ル君想フ

★5月31日(木) 表参道 FAB
(共に詳細未定)



Music Diary | 23:15:37 | Trackback(0) | Comments(2)
桜を辿って
僕が住む街の近くには、なぜか昔から桜の名所が多い。

070329sakura1.jpg
かむろ坂の桜のトンネル。

070329sakura2.jpg
西小山の桜の遊歩道。

ついつい、もっと桜が見たくなって、
愛車 "コルナゴ" で多摩川まで走ってしまった。
流れる景色に桜が飛び込んでくる。

今年はちょっとピンクかな。
白ければ白い方が好きなんだけどね。


なんでこんなに美しいんだろう。
日本人として生まれて良かったと思うよ。

昔、「春」はあまり好きじゃなかった。
急かされているようで。
無理に冬から目覚めさせられているようで。
もっと寝ていたかった。自信がないから。

何か始めよう。
今年の春はいいよ。

自信はないけど、やるべきことは分かるんだ。
なんとなくね。




Diary | 23:17:20 | Trackback(0) | Comments(3)
第14回 リポラボ
114103417_120.jpg

だらだらポッドキャスティング番組「リポラボ」配信しました。

今回は、久しぶりにゲストをお招きしました。

このブログでもお馴染み、
洋服ブランド ”mean” のデザイナー、丹羽俊介くんです。

ブランド・コンセプトや立ち上げの話、
先日のコレクションのよもやま話などが繰り広げられてます。

そして、今回特別に僕がプロデュースした、
そのコレクションのメインテーマ "Journey by Myself" も公開!

良かったら聴いてみて下さいな。
期待は持たないでね(笑)


そうそう、登録者が800人を越えたんですよ!!!

あわわわ。どうしましょ。


詳しくはこちらへ。

Re@lifeブログ http://blog.4realife.jp/


Re@life | 21:12:23 | Trackback(0) | Comments(0)
CANOPUS
ここしばらく、3点のドラムセットに、
もう1点加えたいと思っていたんだ。

注文していた10インチのタムが完成!
ドラムショップ"カノウプス"へ行く。

新作を受けとり、シンバルを試奏。
TURKISHで気に入ったのがあったけど、
最近オークションでいくつか落としたから
今回は諦めた。でも覚えたっ!

その後、2階のビンテージ・フロアに。
年代物の、よだれモノのドラムセットが数々並んでいる。

070318canopus.jpg


しかし、入るやいなや、店のおじさんに手招きされた。
どうやら新しいタムを抱えている姿が目に付いたらしい。

その方は、ビンテージ室長の岡さんという人だった。
たまにしか店に入らないらしい。偉い人なんだ。

なぜか呼び止められ、椅子に座らされ、いろいろと話をした。
ドラムに関するノウハウやうんちくがものすごくて、楽しい。

ありがたいことに気に入ってもらえたようで、
「オレは君みたいな若いプロの奴にがんばって欲しいんだよ。」と、
まだ世界に30個しかない、岡さんが開発中のあるドラムパーツをいただいた。
ちょうど気にかけていたモノだったから、こいつはラッキー!
早く試してみて、岡さんに報告しよう。
("それ"が何なのかは一応伏せておきます。)

素晴らしい人と出会う時って、必ず"前兆"があるんだよな。
それは僕自身でしか気に止めないような、ほんの些細なことなんだけど、
今日も確かにそれがあった。
"前兆"を見逃さなければ、その先へ導いてくれるんだ。

070326tom.jpg

早くセットに組み込んで叩いてみたい。う゛~。


Music Diary | 23:11:21 | Trackback(0) | Comments(2)
浄化
知人の紹介で"ENDLICHERIENDLICHERI"を観に行く。

お台場の特設会場ということで、
どんな世界観を作り出しているのか観てみたかった。
僕としてはサーカスっぽいのかなと楽しみにしてた。

会場には、男子の姿がほとんど見あたらず、ソワソワ。
トイレで感じた安心感は、いつものそれとは違った。

所々に「うちわ、ペンライト等の禁止」の張り紙。
脱ジャニーズ、脱アイドルを狙ってるんだろうね。
僕ら普通の客にとってもありがたい。

ライブは、はっきりいって良くなかったな。
彼が何をしたいのかが全く分からない。
きっとアーティストになりたいんだろうけどね。
演奏もあまり響いてこないし、全てが期待外れで、ちと残念。

ー ー ー ー ー ー ー ー

その後、グレゴリー・コルベールの "Ashes and Snow" を観る。

070325ash1.jpg


西洋の大聖堂を思わせるような高い天井と突き抜けた空間。
穏やかで厳粛で神聖さを感じる。

1時間に及ぶ映像作品は、とにかく美しかった。
感動とかを飛び越えて、まっすぐに僕の芯に届いてくる。

浄化。

070325_2334.jpg

070325_23342.jpg



自然の一部になる。
そんなのはどこにでもある。

自分とそれ以外との"境界線"を溶かして溶かして。

自然の全てに。

僕も自然。
自然も僕。



Diary | 23:37:13 | Trackback(0) | Comments(3)
Superfly@渋谷 CLUB ASIA
良いライブの後は酒がうまい!
すっかり酔っぱらいました。でへ。

Superflyのアマチュア最後となるライブは
最高の形でデビューへと繋げることができた思う。

今回は志帆ちゃんが特に良かったな。
歌にもMCにも気持ちがこもってて、すごく丁寧だった。
後ろにもビンビン伝わってきたよ。

そういうのもあってか、僕自身も、すごく"入ってた"。
客席の反応なんて一切気にしないで、音楽に没頭。
それがすごく良かったのかもしれない。

会場が一つになる瞬間が好きだから、
基本的に客席は捉えておきたいんだけど、
もうしばらくこのやり方を続けてみようかな。
何か見えるかもしれないな。

今回は共演のアーティストも素晴らしくて、
楽しいイベントだった。


ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

出演前の話。

楽屋でたむろしていると、
ワーナーのディレクター・アッキーさんが
「ちょっとみんなで打ち合わせをしよう」と
もう一つの部屋に呼び出した。

「今までにそんな打ち合わせってあったかなぁ???」と
不思議にに思いながら部屋に入ると・・・・

ロウソクを立てられたケーキが待っていた!

あ、やられた。

これまでに、さんざん「サプライズするから!(笑)」って言われてて、
僕としては「サプライズしないのがサプライズ」くらいに思ってたし、
ライブ前でリラックスをしていたから、虚をつかれちゃったな。

リアクションで盛り上げようと思ってたのに、
なんだかものすごく照れてしまいました。
わかってはいても、うれしいもんだね。

プレゼントのかわいいシャツを着てみんなで一枚。

070322Superfly.jpg

ありがとう!!!



Music Diary | 23:54:07 | Trackback(0) | Comments(3)
夢の共宴
高校時代の仲間”銀杏”の集まり。

ナカジ&えみちゃん夫婦に赤ちゃんが生まれたのと、
マイホームを埼玉県・坂戸市に買ったというので、
そのお祝いに行ってきた。

仕事があったので遅れて向かったんだけど、
坂戸は遠くてびっくり。
もっと近いかと、なめてました…(笑)

埼玉県を半分横断し着いた先、新中島邸は
白くて広くてオシャレな庭付きの一軒家。
ああ、憧れのマイホーム。環境もいい。

いつもの仲間と赤ちゃん達が出迎えてくれた。

070321ginnnan.jpg

左から、あやなちゃん、かなたくん、るいくん。

070321kanata.jpg

こちらが今回新しく仲間になった湊汰くんです。
この椅子に対するはまり具合が絶妙です。
人見知りしないし全然動じないし、
その落ち着きっぷりったらパパにそっくり。
大物の予感大!!

えみちゃんのおいしい料理とナカジの薦める銘酒をごちそうになり
お互いの近況を報告したり、パパの小遣い話で笑ったり、
おだやかでHAPPYな時間を過ごすことができました。


Re@lifeのブログにも投稿。
http://blog.4realife.jp/?eid=504593


Diary | 23:12:57 | Trackback(0) | Comments(3)
ボーリング
相当久しぶり。やっぱり楽しいね。
ストライクの快感はたまらない。

きっと投げ方はおかしいと思う。
内股投げなんて気にしてませんよ。

今日は、僕を含め3人の誕生日を祝ってもらった。
いつもの楽しい仲間たち。

070318party1.jpg


それぞれ1ゲーム投げた後、チーム戦。
ここで、前ゲームで全然ダメだった子たちがブレイク。
さっきまで真ん中に行かなかったのに、
スイスイとスポットに入って、ストライクやスペア。

しかし、それは相手のチーム!
こてんぱんでしたとも。
ゲーム代を払わされた・・・おお・・・

070318party2.jpg

みき、大倉くん、悠美、さやか、よっちゃん、カトリーナ、タク、ありがとう!
そして、柳沢くん、かずこ、おめでとう!


Diary | 23:41:59 | Trackback(0) | Comments(0)
オレ、32歳
本日32歳になりました。
いろいろメッセージやプレゼントありがとう!
ホントにうれしいです。

変わらず、攻めの1年でいくよ。
いろいろ上達したいな。

両親と家族と友人に感謝。
先輩と後輩と仕事仲間に感謝。
応援してくれている人たちに感謝。
僕を知る全ての人たちに感謝。

あ、最近「わんぱく」って言葉に引っかかったんで、
わんぱくでありたいなと思ってます。


Music Diary | 22:16:22 | Trackback(0) | Comments(6)
Superfly@名古屋 BOTTOM LINE
BOTTOM LINE、すごく好きなハコ。
ちょっと古めかしくて、大きさもちょうどいい。
昔お世話になったPAさんも覚えていてくれた。

前回のEASTライブから音も気持ちも微調整し、いざ!

名古屋のお客さんもノってくれて、良いライブだった。
ZIP-FMでプッシュされてるからか、
すでにSuperflyが浸透してきている感がある。
4月からレギュラーも決まったらしい。おめでとう!

今回初めてだったノッチ(Key)もバッチリ。
志帆ちゃんも良い感じだったし、
個人的な演奏もすごく満足の出来。よしっ!

差し入れの天むすと肉まんが美味かったな。
天むすに付いてる「きゃらぶき」が好き。
ごちそうさまでした。


Music Diary | 23:25:28 | Trackback(0) | Comments(5)
3名様
名古屋に前乗り。
草刈くんとタジーと僕の男3人で夕食に出た。

名古屋と言えば”山ちゃん”だけど、
「毎回それもなぁ」となり”昭和食堂”という店にした。
店内は、広い空間に懐かしい「昭和」な感じをあしらっていた。
あちこちのテーブルではスーツ姿のサラリーマン達が陽気に呑んでいた。

店員に導かれていくと、一つだけある個室みたいな所に案内された。
カラオケBOXみたいなヘンテコな部屋。でもカラオケはない。
「なんで個室なんだ?」「誰か予約したの?(笑)」

店内では、その部屋だけが妙に浮いている。
そこに男だけが3人入っている。
窓の外を通る人にはチラチラと覗かれる。
まるで、コンパの女の子達を今か今かと待っているかのようだ。

「こうなったら、無駄に盛り上がってみようか!」
「イェーイ!かんぱーい!」(声が無駄にでかい)

注文を済まし、タジーの恋話に花が咲いた。
男3人、確実に盛り上がってる。
女の子達が来る気配はもちろんない。

そんな健気な僕らをあざ笑うかのように、料理が全く出て来ない。
腹減りの状態で盛り上がるにはいい加減限界がある。

そのうち、この状況にあらためて疑問を持ち出した。
「俺たち、何やってんだ?(笑)」
「料理も出てこないし・・・」

やがて、タジーが「もういいですわ」と店員さんに。
頼もしい!

口直しに"山ちゃん"へ向かったのは言うまでもない。






Diary | 19:49:36 | Trackback(0) | Comments(0)
Superfly@渋谷 O-East
でかいところは気持ちが良いね!

初めてハット型の帽子をかぶって叩いてみた。
そのつもりはなかったんだけど、
「似合う、似合う」とみんなが薦めるので、調子に乗ってみた。

もちろんサウンドチェックにおいて同時にハットチェック。
落ちることはない。大丈夫そうだ。ま、落ちたら落ちたで。

ライブは、初めて見た人には間違いなく伝えられたと思う。
でも、僕らの中では「悪くはないけど・・・」という感じ。
ライブが続いているから、多少の凸凹はあるさ。

演奏のアベレージは確実に上がってきているから
あとは気持ち次第なのかもね。第2段階へ進んだってコト。
もっともっとできるし、それをはっきりと証明したいね。


久しぶりに会う"スムルース"のみんなも元気そうだった。
相変わらずの軽いトークを交わし笑い合った。
ファンだった"anatakikou"と仲良くなれてうれしい。
"TRICERATOPS"は音はあまり良くなかったけど、さすがのステージング。



Music Diary | 20:08:03 | Trackback(0) | Comments(0)
おめでとう。
ここ数日、Superflyのリハが続いてますが、
今日は、Superflyの2人にサプライズ!

草刈&なおみち&タジー&僕から
誕生日とデビューのダブルお祝いプレゼントを贈りました。

志帆ちゃんにはこれ。

070312ring.jpg

仙台でふらっと寄ったアクセサリー屋で、
一瞬でみんなが気に入った!志帆ちゃんにつけて欲しい!
ライブでつけてくれるって。うれしいね。

多保くんにはこれ。

070312cap1.jpg

北海道のお店で発見。似合いそう!

多保くんのプレゼントにはちょっとイタズラを。

彼は”オニツカタイガー”をこよなく愛している。
だから、この帽子のロゴも変えておいた。

070312cap2.jpg

「ほら、オニツカタイガーだよ」って渡したら、
「あ!ほんまや~!わぁ!」って、何の疑いもなく本気で喜んだ。
ノリツッコミでも何でもなく、マジで。

いや、そこ笑うところですよ・・・先生。
いやはや何とも、この天然っぷりには驚かされる。そして笑わされる。

イタズラ、その2。

多保くん、よくモノを忘れたり無くしたりします。
だから、そんなことがないように・・・

070312cap3.jpg

タグに名前を書いておきました。




Diary | 14:28:53 | Trackback(0) | Comments(2)
ニン!
近所の古着屋に衣装を探しに行った。
その店は小さいけどセンスが良いので結構好き。

残念ながら衣装は見つからなかったけど、帽子を見つけた。

070310hut.jpg

最近、こういう形の帽子を周りの人から薦められることが多かったので
ずっと気になっていた。

スタイリングを店長さんに聞いたら、
「何でもアリですよ!」と。ジャージでも何でも。

ニット帽が似合わなくて、被りモノがなかった僕に、一筋の光。




Diary | 14:36:45 | Trackback(0) | Comments(2)
不思議な組み合わせ
070311royce.jpg

ROYCEのポテトチップチョコレート。

札幌みやげ。
しょっぱさと甘さと・・・心強さはあるだろうか。

あり得ないと思うでしょ?
でも、うまいんだよ、これ。
六花亭も白い恋人もいいけど、これ。

ちなみに、こんな札幌みやげも。
http://blog.4realife.jp/?eid=493485
(Re@lifeのブログです。)

Diary | 23:10:31 | Trackback(0) | Comments(3)
紹介します。
Superflyバンドを紹介します。

070308.jpg

左から、ギター・草刈 浩司。大分出身。
「ミスター・小学生」
このバンドのムードメーカー。ギターより笑い?
かっこいいのに、おかしいやつ。
そのノン・セオリーな音作りと、タイトなプレイはさすが!

真ん中、ベース・なおみち。埼玉出身。
「番長、黒い山羊」
このバンドのマスコット。人恋しいAB型。
かわいいのに、ニクたらしいやつ。
女性にしか出せない、うねるベースはたまりません。

そして、わたくし。

これに、天然のSuperfly本人たち、百戦錬磨のスタッフ&PAが加わり
とにかく楽しい仲間たち。
まだ初めてのツアーなのに、伝説の山を築き上げてます。
おバカ伝説ですとも、ええ。

どうぞよろしく!

Music Diary | 16:33:12 | Trackback(0) | Comments(0)
Superfly@札幌 COLONY
北海道は寒いどう。

先週の盛岡、仙台が肩すかしだったので
はっきり言ってなめてた・・・

いやあ、痛かった。久しぶりのピリピリな肌感覚。
雪も降ってたし、夜はー6℃を記録してた。
いいよ。冬はこうでなくっちゃ。


ライブはあまり良くなかったらしい。
はっきり言ってハコの環境は最悪だった。
モニター足らないし、バスドラのローエンドが回りっぱなしだし、
すぐにハイはハウってしまうし、たばこ臭いし・・・
PAタジーもかなり苦労したろうな。

でも、話に聞くと、このハコの店長さんは、
札幌の若いアマチュア・ミュージシャンたちを
採算度外視でバックアップしているらしい。
昔気質の「育てる」ライブハウスだ。

その気概はホントに素晴らしいと思う!!
(実際、うまいバンドが多かった。)
その情熱が実って、早く良い環境が整うことを祈ってます。


ライブがちぐはぐだったのは、もちろん環境のせいだけじゃない。
何が良くなかったのか、同録を聞いてチェックしよう。
次の大きなEASTまでに気合いも疲れも慣れも演奏も、軌道修正だ。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

夜のすすき野。

久しぶりにダーツをしたら、
めちゃくちゃ強かったよ、オレ!
301を狙いどおり「19→ブル」でフィニッシュの時なんて
完全に悦に入ってたね。

ダーツ再燃か。

その帰り道、酔っぱらったおばちゃんからナンパされた。
明らかに、つけまつげがずれてる。千鳥足。

「3000円で呑みに行こうよ~」
「いーいー。いかないって。」
「じゃあ、100円のあんパン買って~」

・・・意味が分からん。

一瞬、100円なら良いかと思ったオレもオレだ。
ああ、恐っ、すすき野。



Music Diary | 23:15:05 | Trackback(0) | Comments(2)
【スケジュール】
今回もSuperflyです。
久しぶりの札幌、そして大会場!楽しみです。(3/5現在)


Superfly  http://www.superfly-web.com/

▼ 3月7日(水) 札幌 COLONY

  時間:OPEN 18:00/START 18:30
  料金:前売¥1,000(ドリンク代別)


▼ 3月14日(水) 渋谷 O-East

「ゆれロックFES.2007~ROCK街(マーチ)~」
  時間:OPEN 17:30/START 18:30
  出演:TRICERATOPS/スムルース/ANATAKIKOU/ベベチオ/Superfly
  ※招待制(受付期間終了しました。)


▼ 3月16日(金) 名古屋 BOTTOM LINE

 ZIP-FM SHOW CASE LIVE「TELL ME」vol.31
  時間:時間:OPEN 18:00/START 18:30
  出演:サクラメリーメン/Superfly/Jill-Decoy association
  ※250組500名様ご招待!ご応募は、コチラから!(3月9日(金) 締切)


▼ 3月22日(木) 渋谷 CLUB ASIA

  時間:OPEN 18:00/START 18:30
  料金:前売¥2,000/当日¥2,500(共にドリンク代別)
  出演:chagra/平絵里香/Superfly/Blue Trike 他


▼ 4月14日(土) 大阪城野外音楽堂

 FM802 HIRO T'S MORNING JAM presents
 「NEW BREEZE」
  時間:OPEN 12:00/START 13:00 ※雨天決行
  出演:airdrop/サガユウキ/Superfly/Soma/竹仲絵理/照屋実穂
     ナイス橋本/Fonogenico/Luz fonte/ロクセンチ/ワライナキ
  料金:1,500円(税込み・整理番号付・自由)
   ※4歳以上有料(3歳以下もお席が必要な場合はチケットが必要です)
    一般チケット発売日=3月17日(土)
    お問い合わせ=キョードーチケットセンター 06-6233-8888

  

Schedule | 23:10:35 | Trackback(0) | Comments(2)
CASS+トマル@原宿 Acycle
昨日に引き続き。

今日はmeanとAcycleのコラボ・イベントパーティ。
展示会は業者さん向けで、イベントは一般のお客さん向けらしい。

 @Acycle vol.9
 「mean」“Be More Natural”EXHIBITION

僕はこのイベントの音周りを手伝うことになってたんだけど、
急遽1週間前に出演することが決まった。
地方で音源を受けとり、ツアーの帰り道、ひたすら聴いて帰ってきた。
インターネットの発達って、ありがたいよ。

普通の服屋さんの店内でのイベントなので、
音環境とかそれなりに心配していたんだけど
紹介してもらったPAエンジニア・奥原さんの腕前と人柄のおかげで
何一つ問題なく、好条件で僕らは音楽に集中することができた。
ホントに感謝です。

この日、初めて共演するCASSは
meanのイベントでは必ずステージを飾るアーティスト。
リハーサル無しだし、失敗して当たり前。
思いっきりやったった。それが、良かった。
予想以上にセッション感は少なく、ちゃんと音楽できて、
とても心地よい時間が過ごせた。

070303cass.jpg
CASSの翔くん(左)原田くん(右)そして、ペイース。

ライブ後、meanの社長・リョウ君に
「トマルさん、意外とやるんですね~(笑)」と言われた。
おととと・・・とりあえず軽く締めておいた。

一緒に出演した仲間の「砂場」「naoito」も
それぞれの世界観が色濃く出てて素晴らしかった。

イベントは満員・大盛況で終了。
ホッとしたのと、怒濤の2月が終わった夜でもあったので、泥飲。ええ。

※このイベントの様子がAcycleのHPでUPされています。
 http://www.acycle.net/news/event.html




Music Diary | 23:50:24 | Trackback(0) | Comments(0)
Journey by Myself
自分が携わった音楽に初めて映像が付く。
この喜びを胸に仙台から帰ってきた。

詳しくは知らないが、たいていの映像作品の場合は
まずは映像(イメージ)があって、
その世界をより広げるために音楽が乗せられることが多いと思う。

ところが、今回は様々な製作条件が重なって、音楽が最初に出来上がった。
トータルプロデュースを手掛けるmeanのデザイナー・シュンスケの中で
音楽のイメージが一番強かったというのも、もちろんあると思う。

その楽曲「Journey by Myself」を
映像作家のyumihey∞に渡して、僕はツアーに出た。
彼女はこの楽曲を聴いて涙してくれた。
だから、僕は何一つ心配なく預けることができた。

そして今日、東京に戻り、展示会に行ってきた。

 mean 2007 High Summer Collection
 「Journey by Myself 」

会場に入ると、大きな白い壁一面に映像が流れているのが分かった。
でも、お客さんがフロアにたくさんいたから、敢えてすぐには観なかった。
「タイミングの良い時にみんなで観ましょう」とシュンスケが言った。

そして、その時が来た。
期待と不安と、もっと期待と。

・・・

感無量。
すうっと惹き込まれる素晴らしい作品だった。
製作で散々聞いた楽曲が、またひと味違った風に聞こえて、
映像とのマッチングに独りよがりで酔ってしまった。

070301mean.jpg


エンドロールに自分の名前が流れてちょっと照れた。

取引先の人たちからもすごく好評で、ぜひ商品化を!と言われているそうだ。
スタッフには他にも、カメラにアラタ、ヘアメイクに大門さん、などなど。
いつものメンバーでいつものワイワイ。
みんなががんばって一つのモノを作りあげるってホントに素晴らしいと思う。
僕が一番やりたいこと。

まるで文化祭みたいで楽しいな、って、よくシュンスケと笑って話すんだ。



Music Diary | 22:24:41 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。