■ お知らせ

ディレクター始めました。
詳しくはこちら。

■ スケジュール

1/15(土) 原宿アストロホール
2/11(祝) 代官山 晴空豆

(他、突然飛び入りはあるかも!?)

詳しいスケジュールはこちら

■ PROFILE

Azami Tomal

Author:Azami Tomal
浅見トマル (あざみとまる)

音楽ディレクター、A&R。

ミュージシャン。
Sound Produce, Drums, Perc.

トマル術を知らないんです。

※ブログはきまぐれで進行中。


最新スケジュール


プロフィール詳細

メッセージはこちらへ。

mixiもやってます。

足あと帳あります。
 靴は履いたままでどうぞ。

「wanicoff」やってます。
 <3Musicians+1VJ+1Design>

「創作ユニットRe@life」
 日々面白いこと考えてます。
 ポッドキャスティング配信中!
 こちらのBlogにも時々寄稿。

■最近の記事
■最近のコメント
■過去にお世話になった方々 他
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■RSS
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【重要なお知らせ】
しばらく更新してなくて、
訪れてくれていた方々、すいません。



どう書いたらいいのか、
そもそもここに書くべきことなのか、
ずっと迷っていましたが、

僕のブログだし僕なりの言葉で正直に書きます。



先週、5月15日に義妹が亡くなりました。

妻の妹ですが、僕にとってもかけがえのない妹でした。


この度のことは、全く予想もしていない突然の悲報で、
僕たち家族はこれまでにないほどのショックを受けました。



今は一通りの儀式も終わり、それなりに落ち着いてますが、
心の平穏にはまだしばらく時間がかかりそうです。



なので、今はこのブログを続けるほどの余裕がちょっとありません。

突然になりますが、しばらくこのブログはお休みすることにします。

可能な限り、スケジュール等は載せるつもりです。




余計な心配をお掛けして、本当に申し訳ありません。

僕たちは大丈夫です!!
家族と友達、そして音楽が救ってくれています。


お世話になっている方々や、
応援してくれている方々など、たくさんの方々に
いろいろ気を遣わせてしまうかもしれませんが、
これまで通りで、どうかよろしくお願いします。



みなさんもご家族を大切にして下さいね。



          2008年5月24日

            浅見トマル

スポンサーサイト
Diary | 14:44:50 | Trackback(0) | Comments(18)
【お知らせ】
明日予定していたミュージックステーションへの出演は、
一身上の都合によりキャンセルすることになりました。

楽しみにしてくれていた方々、
誠に申し訳ございません。

怪我とか病気ではないのでご安心下さい。

Schedule | 13:51:40 | Trackback(0) | Comments(7)
【スケジュール】
5月後半です。
またMステ出演します。今週!!


▼ 5月16日(金) Superfly
 
  テレビ朝日「MUSIC STATION」
  20:00~ 生放送


▼ 5月26日(月) Amazing Carnival

  【ジャパリバリニューアル!~攻撃再開ですか?~】
   場所:渋谷 RUIDO K2
   時間:OPEN 17:45/START 18:15
   料金:前売¥2,000/当日¥2,500(共にドリンク代別)
   出演:Amazing Carnival、Japanese Liberty Hall、セル 他


▼ 5月31日(土) 干場かなえ

  【LACHIC Presents SAKAE SP-RING 2008】
   場所:名古屋 Blue Note
   時間:OPEN 12:30/START 13:00(出演時間は13:00~)
   料金:全会場共通1DAY PASS ¥3,000 2DAYS PASS ¥5,000(税込)
   ※出演者等、その他詳細はイベント公式HPで
   

▼ただ今、LISMOのCMにも出演中。
 (かなりぼやけてますが・・・笑)


Schedule | 23:46:27 | Trackback(0) | Comments(3)
干場かなえ@名古屋メ~テレ
久々の名古屋に着くと、
心配してた雨も上がっていて、
気持ちの良い青空が広がっていた。
ついつい、このままどこかへ行きたくなる。

今日のステージも、
お客さんがぐるっと円形に囲んでいた。

最近囲まれること多いな・・・(笑)
普段はお客さんの視線からドラムセットが守ってくれてるのに。

だっさい靴下とか履かないようにしなきゃ。
って、自意識過剰だろ!

10063847071_s.jpg

本番待ち。(干場かなえブログから拝借)

このメンバーはみんな、
楽曲のツボとか、美味しいところとか
何というか一番芯の部分を捉えるのが早い気がする。
初めてリハで音出した時、めちゃくちゃ楽しかったよ。

きっとみんなバンドマンだからだろう。
アバウトな言い方ですが。

このメンバーで初ライブにして、TV局で撮影有りのライブ。
しかも、かなえちゃん自身もバンドが入ってのライブは2度目。
ハードル高いってぇ!!!

どんどん良くなる予感がしてます。



Music Diary | 23:23:13 | Trackback(0) | Comments(2)
Superfly@NHK-BS2(TV)
NHK-BS2の「最新ヒット ウエンズデーJ-POP」という番組に
Superflyのサポートで生出演してきました。

休憩中に偶然の再会が!
バイト時代の友達、元木さんが
子供を連れて遊びに来ていてビックリした!
昔から、ふらっと来てくれる。うれしいね。


ビックリしたことがもう一つ。
こちらは全くうれしくないビックリ。

本番中のこと。

司会者の紹介とSEで、僕らはさっそうと登場した。

さあ、合図があってライブが始まるぞ!!


・・・と、その時、その合図が聞こえづらい。

・・・ん?


え!?

モニターが死んでる!!!!?


モニターとは僕専用のスピーカーのこと。
つまり、聞こえているのは外の音だったり、
他のメンバーが聞いてる音だったり。

それがかすかに、やっと・・・


やばい・・・入り口が分からん・・・


こうなりゃ勘しかない。

いや、勘なのだろうか。
それなりの経験なのか、観察なのか雰囲気なのか分からないけど、
全神経を集中してやるしかない。

ここだっ!!!


・・・良かった。合ってた!


とりあえずは第1段階クリア。

次は、モニター音を戻してもらわないと。

左右の舞台袖を見る。


しか~し!!
舞台のセットが張り出していて、スタッフが全然見えないっ!!

参った。

TV生放送だし、大きなアクションでアピールはできない。
できたとしても、チャンスは僕が映り込んでない瞬間。

ってったって、そんなものカメラマンでもあるまいし
分かるはずがないじゃないか。

それこそ、勘。

いや、勘なのだろうか。
この辺でドラムを抜かれることはないという、それなりの経験なのか、
観察なのか雰囲気なのか分からないけど、
全神経を集中してやるしかない。

ここだっ!!!(横を向いて手を振る)

気づいて!気づいて!誰か~!


・・・後で録画を見たけど、
その瞬間がばっちり映ってました。

ええ、そりゃもう不自然に。


結局、そのタイミングでは伝わらず、
全国生放送で横に手を振っているドラマーが映っただけのこと。

後日談で、父と電話した時、
「俺はあの瞬間、お前が何かトラブってるなというのはわかったぞ。
 さすが、プロ・ドラマーの父親だろ?ガハハハハ!!」
と、のたまっていたけど、正直、血筋は関係ないと思う。
簡単にドラムが叩けた、とかいうなら話はわかるが。

結局、2曲終わってMCに入るまで、復帰はせず、
それまでは相当なヒヤヒヤ・ドキドキ状態だった。

だからといっては何ですが、

表情が硬かったことはどうか大目に見てやって下さい。


ま、こんなトラブルはつきものなのさ。



Music Diary | 23:03:15 | Trackback(0) | Comments(4)
おとなのこどもの日
080505.jpg


こどものひはだらだらしました。
ゆうがたからともだちがあそびにきて、
つぎのひのあさまでさわいでいました。

わらいころげました。



Diary | 23:59:09 | Trackback(0) | Comments(0)
Superfly@六本木&原宿
1日で2ステージ。

まずは東京ミッドタウン内の特設野外ステージで、
GWを数々のアーティストが彩るイベント。

ミッドタウン、でかいなぁ。
っていうか、迷路のようだった。

楽屋からステージに出るまでに
何度もセキュリティ・カードを通さねばならず、
とにかく面倒だった。
確かに安全性は大切だけどさ、あれはいかがなものなの?


ライブは、とにかく素晴らしかった!!
ステージのある中庭(?)を人という人が埋め尽くしていて、
なんじゃこりゃ!と驚いてしまった。

志帆ちゃんが最後に一人で弾き語りで歌った
「Last Love Song」は涙してしまった。
あの美声がホール状の屋根に響いて、ぐぐっと胸を掴まれた。


興奮冷めやらぬまま、次の会場、原宿にあるKDDIスタジオ。

ここは、ステージをお客さんが円形に囲む感じで、
しかもステージの方が下に位置するという珍しい形。

だから、ホントに目の前にお客さんが「いる」!!近い!

だからこそ、すごくアットホームなステージになった。
火もなければ、暗くもないんだけど。
キャンプファイヤーで歌っている感じ。違うか。

お客さんはすごく温かかったからやりやすかった。

今日のライブは、志帆ちゃんの人柄がすごく出ていた。
いろんな顔をするようになったなぁ、とおじさん臭く見ていた。
その人柄にもお客さんは惹かれているんだなとすごく感じた。


Superflyは間違いなく行くね!向こう側に!

それをとにかく感じる、うれしい一日だった。




Music Diary | 23:36:45 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。