■ お知らせ

ディレクター始めました。
詳しくはこちら。

■ スケジュール

1/15(土) 原宿アストロホール
2/11(祝) 代官山 晴空豆

(他、突然飛び入りはあるかも!?)

詳しいスケジュールはこちら

■ PROFILE

Azami Tomal

Author:Azami Tomal
浅見トマル (あざみとまる)

音楽ディレクター、A&R。

ミュージシャン。
Sound Produce, Drums, Perc.

トマル術を知らないんです。

※ブログはきまぐれで進行中。


最新スケジュール


プロフィール詳細

メッセージはこちらへ。

mixiもやってます。

足あと帳あります。
 靴は履いたままでどうぞ。

「wanicoff」やってます。
 <3Musicians+1VJ+1Design>

「創作ユニットRe@life」
 日々面白いこと考えてます。
 ポッドキャスティング配信中!
 こちらのBlogにも時々寄稿。

■最近の記事
■最近のコメント
■過去にお世話になった方々 他
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■RSS
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小林亮三@心斎橋club jungle
29、30日と年末を飾る2Days Live。

29日当日に心斎橋のリハスタで、
軽く確認した程度で本番に臨んだ。

いつものように、隙間をガラガラに空けておいて、
次に何が飛び出すかわからない。
どんな流れで進んでいくのかわからない。

でも、この緊張感がたまらないんだよな。

JAZZをやってみたくなった。
ホントに軽い気持ちだからきっとやらないだろう。笑
じじいになったらやろう。


すがすがしい気持ちで今年を締めくくれた。
あまり、1年を振り返らない質なんだけど、
今年はホントにいろいろあった。
今年はホントにいろいろ考えさせられた。
だから、少しは成長できた気がする。


2009年はどんな音楽が待っているんだろうか。

亮三に「トマル君って、音楽好きだよね」と
あらためて言われたのが、なんか照れくさかった。

いい言葉を今年最後にもらえた。
ありがとう。





スポンサーサイト
Music Diary | 23:08:22 | Trackback(0) | Comments(0)
大阪へ
17Septemberのライブへ。

1発目で時間も早かったのに、
予想以上のお客さんの入りで、ひと安心。
そして、うれしかった。

メンバーも全力投球してた。
良い形で今年を締めくくれたと思う。
来年は、メンバーもオレも更なる挑戦の1年だな。

このブログから、足を運んでくれたみなさんありがとう。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

帰宅して、大急ぎで準備して大阪に出発。

HDレコーダーに正月特番を予約したら、
残量が足らず、急いでダビング作業。
もう、いつもこうだよ・・・。

そんなに新幹線は混んでなかったな。
今年はマイカー移動が多いのかな?
そもそも帰省が少ないのか・・・?

今年は家籠もりの正月らしいからね。
みなさんは帰省しますか?

旅のお供に、どらやき。

081228.jpg

ちょっと都会の味だなぁ。
うまかったけどね。



Music Diary | 23:41:17 | Trackback(0) | Comments(3)
あれこれと年末
"ハシケン&中村瑞希"のレコーディングへ。

元々はMIX作業しているところに遊びに行ったんだけど、
急遽、効果音的なパーカッションと声を頼まれた。

「イエ~イ!」って叫んで一発OK。笑

なぜだか昔から"声"ものの担当は多い。
ベビスタの時もよく「雑味」を入れたもんだ。

変な声なのだ。

081212_1342~0001

スタジオの看板娘、シロちゃん。
本物です。かわゆすぎ。

ー ー ー ー ー ー ー

その後、17Septemberのリハーサルへ。
雄飛(Vo.)の数あるエフェクター類が前々から気になっていたので、
思い切ってシンプルに組み直してみた。

「シンプル化推進委員会・委員長ですね」と名付けられかけたが、
「いや、オレは"骨太"化推進委員会だ」と訂正した。

芯のある音を目指してほしいのだ。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー

夜は、忘年会をはしご。

楽しい夜になるはずだったけど、
最後は、ある友人から
ちょっと腹に据えかねることを言われて
激論をしてしまった。

気づけばすっかり朝で、
周りのみんなに迷惑かけてしまった。反省。


だけど、

だけど、

どうしても引き下がれないことだってあるさ。

言われたこともしっかり受け止めて、
次回に生かして、もっと良い”仕事”をしてやるさ。



Music Diary | 23:09:02 | Trackback(0) | Comments(5)
Merry Christmas!
081224cake.jpg

今年は、あの千疋屋のケーキだ!

うまっ!
生クリームがすげええ~。本物だ。
イチゴが濃い~。さすがだ。

まいりました。

ケーキはやっぱりイチゴショート!




Diary | 23:44:05 | Trackback(0) | Comments(3)
お知らせ
ここ1、2ヶ月、僕はあるバンドの
"ライブ・プロデュース"をさせてもらってまして・・・

17September(セブンティーン・セプテンバー)

17sep.jpg

公式サイト: http://17sep.net/

この春にレコーディングをサポートし、
この夏にPVをプロデュースした流れから
関わらせてもらってます。


そんな彼らが、年末「全力投球」に初出演します!
ベビスタ時代、まさに僕らのホームのようなイベントで、
楽しい思い出ばかりだなぁ。

ホントにまだまだ未熟な奴らですが、
全力投球に行くみなさん、良かったら観てやってください!

<17September>
 12/28(日)13:00~ 渋谷 O-Crest \3500(1drink付)

 詳しくはイベント公式WEBサイトで。
 http://www.diskgarage.com/info/zenryoku/


どうぞ、よろしくお願いします!!


Music Diary | 16:35:29 | Trackback(0) | Comments(0)
冬至
冬至に食べるものと言えば、かぼちゃ。

081221_1924~0001

我が家でも食べました。
これでこの冬は健康に過ごせるだろうか。

実家に住んでた頃は、ゆず湯にも入ったもんです。



Diary | 23:59:19 | Trackback(0) | Comments(0)
【スケジュール】
今年のライブは、大阪で締めくくることになりそうです。
亮三との2days、内容も変わるみたいだから楽しみだ。
年末、関西にいる方はぜひぜひ!


▼ 12月29日(月) 小林亮三   急遽決定!

  【Songs to give you ~あなたに贈る歌SKY~】
   場所:大阪 心斎橋club jungle
   時間:OPEN 18:00/START 19:00
   料金:前売¥2,500/当日¥3,000 SOLD OUT
   出演:小林亮三/心緑/エルニシオン(ex.ストロボ)


▼ 12月30日(火) 小林亮三   急遽決定!

  【Songs to give you ~あなたに贈る歌SEA~】
   場所:大阪 心斎橋club jungle
   時間:OPEN 18:00/START 19:00
   料金:前売¥2,500/当日¥3,000(共に、1food付1drink別)
   出演:小林亮三/KEEWO/平松永吉(from bloom-field)



Schedule | 13:33:06 | Trackback(0) | Comments(2)
秩父夜祭り'08
今年も行ってきました、地元・秩父の夜祭り。

いつものメンバーに
ピエールや米子のトーワも加わり、
賑やかな道中でした。

ちょっと早めに出て、秩父観光。
長瀞の”岩畳”。
091203yomatsuri07.jpg

おっさんが惜しい。

091203yomatsuri08.jpg

紅葉は終わりかけだったけど、夕日に照らされてきれいだった。
だけど、写真には映らな~い。

091203yomatsuri06.jpg

秩父名物"くるみそば"@もみの木。
細かく砕いたくるみが入ったつゆです。うまい。
今回はなんでか無性に食べたかったのです。

では、秩父夜祭りの模様をどうぞ。

091203yomatsuri05.jpg

091203yomatsuri04.jpg

平日で今年は人手が少ないなと思ったけど、15万人は超えていたそうだ。

091203yomatsuri01.jpg

091203yomatsuri02.jpg

091203yomatsuri03.jpg

打ち上げてる真下まで行って見るので、
一面が花火に覆われて、視覚におさめきれない!

ピエールとトーワは始終感激していた。オレもうれしい。
「もっと自信を持ってこの祭りを勧めななよ~!」と注意された。


091203yomatsuri09.jpg

冷えた体は、秩父地酒"武甲正宗"の熱燗と
この珍達ラーメンで暖めました。

みなさんにもぜひ一度この祭りを体感してほしいのだ!!!!

自信もって。


Diary | 23:24:10 | Trackback(0) | Comments(4)
奄美は続くよ。
ハシケンさんがプロデュースする、
「中村瑞希&ハシケン」のレコーディング。

瑞希ちゃんは、奄美島唄の若手第一人者。
そんな彼女が、このプロジェクトでは、
ハシケンさんの書き下ろし曲などのPOPSを歌い上げる。


レコーディングは驚くほど順調に終了。

雰囲気も楽しいし、導き方もスムーズだし、
ハシケンさんのプロデュース手法は勉強になる。

そういうところにマジックは生まれやすいんだと思うな。

奄美を体感できたこともでかい。
僕の中に大きなイメージを運んでくれて、
それと相まって、叩きながらゾクゾクしてた。


081202rec.jpg

今日もいい音で鳴ってくれました。
ホントに僕は楽器に助けられているな。笑


▼瑞希ちゃんのこと。(ハシケンさんのブログより拝借)

 瑞希ちゃんは、小学生の頃から島唄を歌い始め
 「奄美民謡大賞」の新人賞を始め、たくさんの賞に
 輝いている実力の持ち主。

 05年度「日本民謡協会民謡民舞全国大会」で最高栄誉の
 内閣総理大臣賞を受賞。
 そして06年「日本民謡フェスティバル2006」で
 グランプリに輝いている。



Music Diary | 23:34:35 | Trackback(0) | Comments(2)
濃いのちょうだい。
奄美ツアー濃かったのよ~。

だから、たっぷり日記書いたのさ~。

この一連は日付順で書いてます。
長いので、暇を見つけてはゆっくり読んでちょうだい!

では、どうぞう。

Music Diary | 23:59:37 | Trackback(0) | Comments(2)
ハシケン奄美ツアー 1日目(喜界島)
<ハシケン@喜界島 SABANI 2008.11.23 >

乗り換えで奄美空港に降りるやいなや、悔やんだ・・・。

自分の服のチョイスを。

なんだ、暑いじゃんか!

同じ日本だからと明らかに南の島をなめてた。
まいった、ちょうど良い羽織ものがない。
ここから4日間、昼間は半袖で過ごすことになる。
(が、それも問題ないくらいずっと暖かったのだが。)


081121kikai02.jpg

喜界島に飛んだ。

フライトは10分。
プロペラ機は怖い・・・。

081121kikai01.jpg

かわいい空港がお出迎え。


サウンドチェックまで時間があるので、島内観光に出掛けた。
その模様は次のページ。こちら


観光で島の空気をたっぷり吸ったから、
すごく良いテンションで本番がスタートできた。

このツアーは、事前に東京でリハもなければ、
本番の曲順も決まってない。

その場のノリで、その場の空気を読んで、
ハシケンさんは進めていく。
それに河村さんと僕はついていく。

ある種のJAZZなのかもしれないな。

「曲は前にやったことあるから大丈夫だよ~」と
ハシケンさんは全く気にしてないけれど、
あたしゃ、ヒヤヒヤですってばよ。

しかし!

これがとにかくおもしろいんだ。

その場で"音楽"が生まれていく快感。
この曲のこの演奏は今日だけ。
明日のこの曲はまた違った顔を見せる。のだ。


今日のハシケンさんはとにかくパワフルで、
何度も鳥肌が立った。

最近はなかなか演らない"グランドライフ"。
曲中ずっと、昼間に観たガジュマルのことを思い浮かべてたら、
思わず涙が出そうになった。


打ち上げで、SABANIバーガーを食べた。
オーナーの栄さんの手作り。
どこか懐かしくて、とても旨かった!

081121kikai13.jpg

ごちそうさまでした!

そして、喜界島のみなさん、ありがとうございました!


Music Diary | 23:35:48 | Trackback(0) | Comments(0)
喜界島巡り
サウンドチェックまで時間があるので
島内観光に連れて行ってもらった。
(写真はクリックしたら大きくなります)

まずは、腹ごしらえ。

081121kikai03.jpg

居酒屋ニュー恵のカツカレー。めちゃうま!
メニューには載ってない"山羊カレー"は河村さんが食べた。
僕は山羊には及び腰。



喜界島は、珊瑚礁の島。

081121kikai14.jpg

すいません、あまりピンとこないす。

だって、どうやって、その2mmを計るのさ?
満潮干潮だってあるのに(素人考え)。

081121kikai04.jpg

ただ、この景色を見ていると、
海の中で珊瑚礁だったころの島の姿がなんとなく見えてくるんだな。

ちなみに、喜界島にはハブがいないらしい。
飛んで10分の奄美大島にはたくさんいるのに。
これも隆起したからだとか。新しい島ってことなんだろうな。


まだまだ巡るよ!
すごいのあるよ!

ここをクリック!!
   ↓

続きを読む >>
Music Diary | 23:00:17 | Trackback(0) | Comments(2)
ハシケン奄美ツアー 2日目(徳之島)
<ハシケン@徳之島 MAC 2008.11.22 >

感動の喜界島に別れを告げ、乗り換えのため再び奄美空港に。

081122amami04.jpg

皆既日食!!!見てぇぇぇ~!!!!

世界中からわんさか人が集まるそうだ。
見るには1ヶ月滞在する位で前乗りしないと、ダメなんだって。
もう飛行機や宿がないとか。

ちえ~っ。

どんなんだろうなぁ?真っ暗になんのかなぁ?


あ、紹介してくれているのは、奄美観光大使さまです。
ハシケンさん、マジで任命されてるんです。名刺あります。

僕と河村さんの見解では、観光”するだけの”大使です。

・・・失礼しましたっ!笑


ちょっと奄美を観光して、徳之島へ。
今度は50分くらいのフライト。

徳之島は、喜界島ともまた雰囲気が違っていてビックリ。
奄美より南で、沖縄に近いんだけど、
なんか佐渡島に雰囲気が近い。喜界より大きな島だしね。

島ごとの顔があるっておもしろい。


MACに着くと早速サウンドチェック。
今日もあくまでも適度にチェック。


本番前、オーナー豊嶋さん率いる「MACバンド」が登場。
「熱血!オヤジバンドバトル」を勝ち抜いただけあって、
グルーヴが気持ちいい!うまい!

この日は、MACバンドのおかげで
のっけから会場が暖かかった。

今日もこの編成で初めてやる曲があった。
「気楽にラフにクール」
しかも、ブルースVer.は全くの初めてですよ、ハシケンさん!
焦っても仕方がないから、何も気負わずついていった。

「ワイド節」・・・奄美で生まれた闘牛の歌(民謡)。
この歌をロックバージョンにアレンジして
ハシケンさんは全国各地で歌い広めた。
奄美文化を広めたそんな理由から、
ハシケンさんは観光大使に任命された。

そして、この徳之島こそが、その「闘牛」の島。
言わずもがな、ワイド節は、これまでになく盛り上がった。
この島の人たちと一緒に”ワイド!ワイド!”と掛け声上げて、グッときた。

打ち上げでは、セッションが繰り広げられ、
島の人たちと笑い合い、やがて僕は黒糖焼酎に呑まれていった。


081122amami05.jpg

次の日の朝、出発前にシャワーを浴びようと思ったら、
お湯が出ない。まいった。
過去にもこんなことあったなぁ。
奄美に行って浴びよう。

次行くことがあったら、牛たちのガチンコを見てみたいな。

徳之島のみなさん、ありがとうございました!




Music Diary | 22:55:53 | Trackback(0) | Comments(0)
ハシケン奄美ツアー 3日目(奄美大島)
<ハシケン@奄美大島 ASIVI 2008.11.23 >

前後しますが、
昨日乗り換えで立ち寄って少し観光した時の写真を。

081122amami01.jpg

大島の最北端の灯台へ。
大パノラマは気持ちがよかった。
水平線を見て地球はやっぱり丸いんだな、と思った。


081122amami03.jpg  081122amami02.jpg

奄美の海にも行ったよ。
この海もまた喜界とも徳之島とも違う色だ。


ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

さあ、今日は奄美ツアーのファイナルだ。

この濃い2日間で感じたもの、得たものを
すべて出し切りたいと思っていたら、
河村さんから、全く目から鱗の、あるアドバイスをもらった。
(ある意味"指令"かもしれないけど。笑)

その内容は、ちょっと企業秘密でして。

でも、その言葉は、僕にすごく勇気を与えてくれた。
なんとなくそのことに感づいてはいたが、
それを打ち出していく勇気はなかった。

ライブに向けて、ものすごく心が軽くなった。
”これでいいんだ”。

本番。自由になった心でとにかく音楽に浸った。

そして、さすがの奄美!
お客さんの盛り上がりもハンパねえ!

初めてなのに、あちこちから「トマル~!」の声。
噂どおりのものすごく暖かい人たちだ。
ステージで、すげえ感激した。


打ち上げでも、島の人たちと大盛り上がり。
とにかく楽しい人たちだ!みんなサイコー!!
黒糖焼酎"れんと"を朝まで呑んでました。


麓さん、みっちゃん、ガーリックさん、ゆーきゃん、えりこちゃん、
その他、名前忘れてしまって申し訳ないんですけど、
スタッフのみなさん、一緒に盛り上がったみなさん、
ホントに良くしてくれて、ありがとうございました!!!



ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 
この奄美ツア-は、僕の中で忘れられないものになった。
今後の転機になるようなツアーになったんじゃないかな。

音楽やライブやツアーに対して、
いろいろ新しいことに気づかせてもらいました。

ツアーはやっぱり土地の空気を吸って、
土地の人たちと触れ合ってなんぼだね。


何度でも言います。
喜界島、徳之島、奄美大島で出会ったみなさん、
お世話になったみなさん、ありがとうございました。

そして、何よりも、ハシケンさん、ありがとう!!



Music Diary | 22:45:47 | Trackback(0) | Comments(3)
奄美大島巡り その1
ASIVIの会場入りまで時間があったので、
島巡りをしました。その模様をどうぞ。

まずは腹ごしらえでんがな。

081123amami06.jpg

鶏飯!キタ~!!!

このツアーで、ずっとハシケンさんから止められていた。
うまいところに連れて行ってあげるから!と。
そこが、ここ、けいはんのひさ倉。

鶏飯、実はどんなものなのかよく知らなかった。
空港レストランのディスプレーでチラ見したけど
「ん?なんであの丼がそんなに人気あるんだ?」と思ったり。

河村さんが「4杯は、いっちゃうだろうなぁ・・・」と言えば、
「そんなにガバガバおかわりできる程うまいの?」と思ったり。

出てきて、ナットク!

だし汁をかけるのかぁ!!!

で、ひとくち・・・


うめぇぇ~!!!おお~!!

畳の上にのけぞってしまった。

夕べの深酒で弱りきっている五臓六腑に染み渡るのだ。

081123amami07.jpg

鳥刺し盛りも。うひょうひょ。

朝飯だったのに、4杯食べました。軽く。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

ASIVIに戻って、サウンドチェックを終えたら、
またお腹がすいてきた・・・ような気がした。

ハシケン大使が、「それは胃が膨らんじゃったんだよ」と。

それなら!と、大使おすすめのカフェに向かった。
奄美は素敵なカフェが多いらしい。

"JacarandaCafe" ジャカランダカフェ

081123amami08.jpg

「カオパットバイガパオ」
一見タコライスだけど、れっきとしたタイ料理。
ハーブが効いてて、めちゃうま!ぺろり。

河村さんが隣でうまそうなのを注文した。
そのスウィーツ!便乗します!

081123amami09.jpg

「チャパティ」
特製で、蜂蜜と練乳のハーフ&ハーフにしてもらった。

小さい頃、おばあちゃんがおやつによくこしらえてくれた、
秩父の名物「たらし焼き」を思い出した。

これだけ食いに食ったけど、ちゃんとライブで消費しちゃうんだな。
終わったらまた腹が減っていた。
健康的だ!!(・・・なのか!?)



次の日に続く。まだまだぁ!

ここをクリック! 
 ↓

続きを読む >>
Music Diary | 22:40:56 | Trackback(0) | Comments(0)
奄美大島巡り その2
奄美ツアー、最後を飾るにふさわしい一大イベントへ!


”かみさま”に見てもらうのだ。

島を訪れてから知ったことだけど、
奄美地方には昔から霊的な力を持ったシャーマンが何人もいて、
人によっては人生の転機に相談を受けにいくんだという。

で、その人たちのことを、
敬意を込めて"かみさま"と読んでいるんだそうな。


これも何かの縁だと思い、予約をお願いし、
お酒と塩とお礼金を用意して、かみさまのお宅へ向かった。

みんなから、いろんな体験談を聞いて、
ものすごく興味を持っていたんだけど、
これまでに手相さえも見てもらったことがないので
いざとなると、めちゃくちゃ緊張していた。

何を言われるんだろう?
ズバッと言う時もあるらしい。

ま、その時はその時だ。まっすぐ受け止めよう。

一人ずつ、そのかみさまの部屋に入って話を聞く。
部屋の半分は大きな神殿だった。

軽い挨拶に続けて、年齢を聞かれただけで、
かみさまは話し始めた。

いきなりビックリしたのは、
僕が何の質問も、それこそ会話すらしていないのに、
かみさまは、僕が聞いてみたかったことを話し始めたこと。

やっぱりわかるんだろうか・・・?


そして、その答えもうれしいものだった!
今の僕をものすごく後押ししてくれた。

その他にも、いろいろ話してくれた。
僕自身の生まれ持ったもののこと。
今の状態から将来のこと。家族のこと。

「とにかく、あなたは大丈夫だから」と
言ってくれた優しいまなざしを、今でもはっきり覚えている。

これまで、僕は何か得体の知れない”不安”に対して、
どこかしら常に緊張状態で、でもそれに必死に抵抗してきて、
でもそれがまた新しい緊張を生んで・・・

というような悪循環の軽い硬直状態が続いていたんだけど、

なんだかものすごく心と体が軽くなった気がしました。

ありがとうございます。


面白かったのは、一人一人に言う言葉が全然違うこと。
内容も、導き方も、語気も。神の言葉なんでしょうか?

他の人に比べ、僕の場合は具体的なアドバイスは少なかった。
正直言うと、他の人に比べて、
それほど具体的な"悩み"を抱えているわけでもなかったし。
(不安はあるんだけどね)
カミサマもそれを感じ取ったのでしょうか?

そういう意味でも、
今、自分は”幸せ”なのかもしれないなと思った。


でも、まだまだ1/4くらいしか来てないんだって。

とにかく今は、自分を信じてこのまま進んでいこう。


また次行った時は見てもらおう。
少しは大きくなっているのかな。
また楽しみだ。


ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

余談。
観光日記 その1の河村さんの話。
ビッグ2で会えなかった人の話。

その人の連絡先は一切知らないらしい。
それじゃ、もうどうしようもないな。

この島にはいるだろうに・・・。


帰りの奄美空港。
麓さん、ゆーきゃんとお別れをした後、
手荷物検査の列へ。

ん?河村さんが、何やら検査人と話している。
何かトラブルか?

河村さん「・・・ビッグ2行ったんやでぇ。」
検査人 「今はここで働いてるの。・・・」

え”!!え”え”~!!

まさか、ここで~!!!
最後の最後で~!!!!


出会えた!!!


最後の最後に奇跡が待っていました。


なんとも魅力的なところだ、奄美。

絶対にまた行くぞ~!!!!



ありがとう!!


Music Diary | 22:35:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。