■ お知らせ

ディレクター始めました。
詳しくはこちら。

■ スケジュール

1/15(土) 原宿アストロホール
2/11(祝) 代官山 晴空豆

(他、突然飛び入りはあるかも!?)

詳しいスケジュールはこちら

■ PROFILE

Azami Tomal

Author:Azami Tomal
浅見トマル (あざみとまる)

音楽ディレクター、A&R。

ミュージシャン。
Sound Produce, Drums, Perc.

トマル術を知らないんです。

※ブログはきまぐれで進行中。


最新スケジュール


プロフィール詳細

メッセージはこちらへ。

mixiもやってます。

足あと帳あります。
 靴は履いたままでどうぞ。

「wanicoff」やってます。
 <3Musicians+1VJ+1Design>

「創作ユニットRe@life」
 日々面白いこと考えてます。
 ポッドキャスティング配信中!
 こちらのBlogにも時々寄稿。

■最近の記事
■最近のコメント
■過去にお世話になった方々 他
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■RSS
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【リリースのお知らせ】
大石昌良くんの
2ndアルバム「G.D.アトラクション」に
全曲参加しています。


ooishi_GDat.jpg


2009年11月18日 リリース!

2ndアルバム「G.D.アトラクション」

この一枚が夢へのパスポート。
希代のポップマジシャンが誘う記憶の遊園地へ..。

<収録曲>
 1 ラブ
 2 イリュージョン
 3 カブライダー
 4 赤いレンガの相合い傘
 5 ユートピア
 6 スコットランドヤード
 7 幻想アンダーグラウンド
 8 25万マイル
 9 蜃気楼ラプソディ
 10 スナフキンの回転木馬
 11 さよならパレード

CYZL-60019 (初回限定版/DVD付き:「ラブ」「幻想アンダーグラウンド」PV)
CYCL-60019 (通常版)

共に¥2,940 (税込)


《新タイアップ情報》

 M3 カブライダー
  ◆11,12月度 TOKYO FM ブランニューソング
  
  ◆「幻想アンダーグラウンド」に続き
   12月度 MBS「麒麟の部屋」エンディング・テーマ (12/8放送~)

 ※その他、先行シングル等のタイアップもあります。


詳しくは大石昌良オフィシャルウェブサイトで。
http://014014.fc.yahoo.co.jp



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このアルバムに収録されている先行シングルのコメントで、
何度も言ってきていますが・・・、

それら名曲たちがギュッと1枚にパッケージされた訳で、

つまり、

これ、

マジですごい出来上がりなんです!!!!


アートワークも素晴らしいし、絶対に持っていて損のない1枚。

っていうか、持っているべき1枚。



ちなみに、

今の「僕のドラム」が全て詰まっています。

つまり、ここまでの僕の歴史が全て。


ホントにいろんなことやってます。




バンド辞めて以来、

これだけの曲数(フルアルバム全曲)で
これだけ全身全霊で、そして自由に

自分自身を表現したものはありません。


大石くん、研人くんの懐の深さに感謝してます。

そして、ホントに楽しかった。



僕の持てる全てを込めました。

ぜひぜひ聴いてみてください!!!

そして、来年のツアーにも来てくださいね!!!



スポンサーサイト
Works | 23:51:36 | Trackback(0) | Comments(1)
【スケジュール】
ここに載せているライブを最後に、
サポート・ドラマーとしての活動には一旦幕を下ろすことになります。

福岡、名古屋、大阪、東京、どれも最高のハコで
最後を飾れることをうれしく思っています。

これらは絶対に観に来てほしい~っ!!!

全音入魂で奏でます。(日付順 9/11)



▼ 12月20日(日) 唄人羽

  【 唄人羽ツアー2009「10th Anniversary "S&T"」】
   場所:福岡 Zepp Fukuoka
   時間:OPEN 16:00/START 17:00
   料金:1F自由席/2F指定席:前売¥4,000/当日¥4,500 SOLD OUT
      1F立ち見:前売¥3,500、当日¥4,000(1D代別)をご利用ください。
   出演:唄人羽
    (問)キョードー西日本 092-714-0159


▼ 1月31日(日) 大石昌良

  【G.D.アトラクションツアー】
   場所:大阪 なんばHatch
   時間:OPEN 16:00/START 17:00
   料金:¥3,800(D代別/整理番号付)
   出演:大石昌良
   (問)GREENS 06-6882-1224
   
    ※一般発売日は、12月12日(土)


▼ 2月5日(金) 大石昌良

  【G.D.アトラクションツアー】
   場所:名古屋 BOTTOM LINE
   時間:OPEN 18:30/START 19:00
   料金:¥3,800(D代別/整理番号付)
   出演:大石昌良
   (問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

   ※一般発売日は、12月19日(土)


▼ 2月11日(祝木) 大石昌良

 【G.D.アトラクションツアー】
   場所:恵比寿 LIQUIDROOM
   時間:OPEN 16:00/START 17:00
   料金:¥3,800(D代別/整理番号付)
   出演:大石昌良
   (問) SOGO 03-3405-9999

   ※一般発売日は、12月13日(日)
   


Schedule | 23:17:33 | Trackback(0) | Comments(0)
【ミュージックビデオ出演のお知らせ】
Superfly
9thシングル「Dancing On The Fire」の
ミュージックビデオに出演しています。



superfly_dancing.jpg


2009年11月18日 リリース!

9thシングル「Dancing On The Fire」


iTunesで視聴できます。タイトル横の「プレビュー」を押してください。
http://itunes.apple.com/jp/video/dancing-on-the-fire/id338757752

詳しくはSuperflyオフィシャルウェブサイトで。
http://www.superfly-web.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

キュートで小悪魔なSuperfly・志帆ちゃんの後ろで、

リーゼント頭&サングラス&モッズスーツで
ドラムを叩いているのが、僕です。


言っときますけど、
気だるそうに叩いているのは、
監督さんの狙いだからね~。


収録時のブログ記事はこちら


何人かの人に、「あれ、トマルか?」と聞かれました。

あんなコスチュームなのに、わかるもんですね~。

でも、あの猫背はオレか・・・。笑


Works | 10:25:14 | Trackback(0) | Comments(0)
唄人羽@渋谷 O-EAST
唄人羽のデビュー10周年ツアー・東京公演の巻。


渋谷O-EAST。

大阪公演の心斎橋MUSEもそうだったけど、
このEASTはホントに、ホントに思い出のある場所。

バンド時代からワンマンでもイベントでも何度も何度も出て、
もはや庭・・・いや、「うち」のレベルだな。


EAST大好きなんだよね!

自分が好きなハコの大きさで、一番大きいクラスって言うのかな。

これくらいの大きさのハコまでが一番良い。

お客さんと「直接」繋がっている感じがする。

何千人収容みたいなデカいところは、
ステージから「見ている感じ」は壮観で気持ちがいいんだけど、
やっていてそれほど気持ちがいいってモノでもないんだな、これが。


これ以上大きくなってくると、
俺の「バイブ」が直接届いてない気がしてさ。笑

どぉりゃ~っ!て魂込めて演ったり、
包むようなあったかい気持ちで演ったり、
そういうのでお客さんの心を揺さぶれている(気になれる。笑)、
ってのが、俺的にはすごく大事。



これまた、こんな愛着のあるステージで締めに迎えるなんて、

ボクの音楽の神様は、何ともやさしいお方ですなぁ。


否が応でも、テンションは最高潮にあがるってもんよ!


200911281335000_t.jpg

サウンドチェック中。安井ちゃんの撮影。



さてさて、ライブ本番。

内容は予想通りの良い集中ができ、
そして、予想を超えるパフォーマンスだった!

名古屋の集中と、大阪のテンション。

どちらも同居して、どちらも喧嘩してない。

締めるところは締めて、開くところは開く!
さすがのライブ運びだったな。


お客さんの楽しそうな、満足そうな顔がずっと見えていた。


バンド時代、このEASTで、ホントに羽とよく対バンした。
まさしく闘いの場だった。

かっこ良く言えば、「川中島」みたいな。

あっちは武田だろうな。笑
でも、自分らを「義」の上杉なんて言ったら、バチあたるな。笑



出会ったころからの羽のことを思い出しながら一緒に、

自分のささやかな歴史もプレイバックしていた。


羽の熱い唄に乗っかって、

時折、目頭が熱くなっていた。




やっぱり、自分のドラム・セットは気持ちがいいわ!

ここ最近、レコーディングに稼働ばかりで、
ライブに出陣してなかったからなぁ。

思いっきりひっぱたいてやったさ。

これがあいつへの愛。


ライブに来ていた羽のレコーディング・エンジニアさんから、
「このドラムは何じゃ!」と褒められた!

マジで、俺のドラム、良い音するんですの。

鳴らす腕もあっけどよ~。笑



さ、ファイナル、Zepp福岡、めちゃくちゃ楽しみじゃのう。

これでしばらく福岡方面でのライブはなくなるので、
そちら方面の方々、しっかりと見てやってください!

どうぞよろしくお願いします。




Music Diary | 21:14:06 | Trackback(0) | Comments(0)
バンデラスと憂鬱な珈琲
ある日、トータス松本さんに
今回の決断のことを報告しようと連絡したら、

「演劇好きか?今日観に行かへんか?」

と、いきなり誘っていただき、
さらにおごっていただき(いつもありがとうございます!!)、

観たのが、これ。

バンデラスと憂鬱な珈琲

bannderas_800.jpg

この舞台ね、行く直前に調べて分かったんだけど、

脚本と演出が、マギーさんなのよ!!!


マギーさんには、

ザ・ベイビースターズのデビューの頃に大変かわいがってもらい、
(プロモーションの一環で、マギーさん主演ラジオ番組の企画に参加)

4th(確か)シングルの「去り行く君へ」リリースの時には、
そのミュージックビデオの監督をしていただいた、

という、とにもかくにも、大変お世話になった恩人です。

かつて率いていたコント集団・ジョビジョバ、面白かったなぁ。


それこそ、バンドを辞めてからもずっとお会いしていなかったし、
こんなタイミングでお会いできたのがうれしかった。




さてさて、舞台の方ですが、

マギーさん節が猛炸裂で、めちゃくちゃ笑った!!!!

終わった時は、ほお骨が痛かった。笑


演者さんたちは一流の方々ばかりで、
生き生きとした生の演技を観れたのは良かった。

しかも、一人何役もこなす作品なんで、
ラッキーラッキー!

小池栄子さんの振り切った演技にすごく魅せられた。


ひたすら笑っていた舞台って久しぶりで、
すごく気持ちが晴れやかになった。





すごいなあって思ったのが、
気がつくといつの間にか大笑いさせられているって感覚だったんだよね。

コントロールされてる。

笑わされてる。


マギーさんも"計算"していると言っていた。

計算しているのに、僕ら観ている側の笑いそのものは
至ってシンプルで、混じりっ気のないもの。



音楽にも、ライブにも、通ずるよ。
計算するってことじゃなくてね。

「人の心を動かす」ってことが。

感情を動かす。

つまり「感動」なんだよな。




公演後、マギーさんも合流。

トータスさん、マギーさんからいろんな話を聞かせてもらった。

どうしても恐縮してしまうから、
こちらからはまだまだ言い足りないことばっかりだったけど、
またの機会を作ってもらえるようにがんばろう。


ありがとうございました!!!



「should」より「want to」だ、と思った。

誰でもそう。





Diary | 23:40:56 | Trackback(0) | Comments(0)
まきちゃんぐ@渋谷 DUO
まきちゃんぐ・ワンマンツアーの東京公演でございます。


羽の面々には悪かったが、一人新幹線で東京戻り。
みんなも無事に帰れたようでひと安心。



さてさて、前回の岡山と大阪公演から、
20日も経っている。その間にリハはしなかった。

会場で念入りにチェック。
体には入っていたようだ。良かった。


SH3D0005_400.jpg

本番直前のDUO。

左手が僕の基地。
ドラムとパーカッションと鍵盤ハーモニカとコーラス担当。
3人でやれるだけのことはする、のがテーマ!笑



今回も思ったけど、まきちゃんぐには“本物”感がある。

絶対にブレない独特の世界観がまずあって、
ちゃんとポップに音楽を生み出し、
そして、それを表現する抜群の歌唱力(技術)がある。

度胸もある。

まだ22歳なのにたいした姫です。


こういう歌い手さんの背中を見て演奏するのは、とにかく楽しい!


まきちゃんぐ、知らない方、マジで要チェックですよ。
こういう“本物”は知っておいた方がいい。



今度、漫画貸してもらおうっと。



Music Diary | 23:36:24 | Trackback(0) | Comments(0)
唄人羽@心斎橋MUSE
初日・名古屋を怒濤の急ピッチで超えたおかげで、
いろいろ見えてくるものがあった。

削るところは削り、付け足すところは付けたし、
上方修正して、大阪公演に望んだ。

メンバーみんな、10年選手のバンドマンなので、
ライブの「流れ」を感じることが、とにかく得意。

得意っていうか、当たり前に体に入っている。

信ちゃんからのアイデアも、哲ちゃんからの確認も、
全員が同じように感じていたものだから、まあ話が早い!


今日は、ぶっ飛んだなあ~!
いい意味でよ。笑

羽本来の攻撃オンリーの一面が見事に出てた。

本人たちも言っていたけど、
バンドライブは2年ぶりだし、

今回はそれこそベスト版ライブなんで、
昔の曲も久しぶりにやるから、

とにかく忘れていることが多い、と。笑

どうやってたっけなぁ~、ってね。笑


でも、さすがの貫禄。すぐに取り戻した。

今日は良く笑ったな~。おもろかった。
大阪って、やっぱりお客さんとの相乗効果が一番出やすいところだな。


名古屋でしっかり確実な演奏をし、
大阪ではエンターテインメントで爆発し、

今度は東京。
名古屋と大阪を掛け合わせた、
ベストマッチなステージになるだろうね。



そして、心斎橋MUSE。

大阪のライブハウスと言えば、僕は真っ先にここを挙げる。
バンド時代、ホントにお世話になった。

いろんなアーティストたちと共演させてもらい、
ホントにいろんなことを学ばさせてもらった、育ててもらったハコ。
そして、たくさん友達や仲間ができた。

今こうして、ひとまずの締めくくりの動きをしている中で、
こうしてMUSEでできたことがすごく嬉しかった。

ありがとうございました!




Music Diary | 22:55:23 | Trackback(0) | Comments(0)
ツアーOFF日
今日は一日大阪でOFF。

ということで、僕だけメンバーとは別れて、
嫁さんの実家に泊まりにやってきました。

カプセルホテルも楽しかったけど、
やっぱりお義母さんの手料理には敵いませんっ。


先日、誕生日プレゼントで俺ら二人からあげたワインを
お義父さんは開けずに待っていてくれたみたいなので、
おみやげにチーズを買って行きました。

このままだと、お義母さんが「私にはないの~?」って
拗ねてしまいそうだったので、アイスを買ってかえりました。

SH3D0004_400.jpg

めちゃくちゃ美味いワインでした!
良くぞ選んだっ、我が嫁よ!

そして、毎度のことながらの、ごちそうで舌鼓!

エネルギーが満タンになりました。



僕はもうすっかり、
「嫁同伴なし、婿一人」状態でお邪魔することにも慣れました。

ずうずうしいって言われるかもしれませんね。笑


でもね、お義母さんはこう言ってくれたんです。


  どんどん来てくれていいんだからね。
  だって、来てくれるとね、ご近所さんや友達から、
  「お婿さんが一人で来てくれるなんて、
    よっぽど良いお姑さんしているからじゃないの~」って言われてね、
  私の株が上がるんだから~!


かわいらしくて素敵なお義母さんなんです。




Diary | 23:58:39 | Trackback(0) | Comments(0)
唄人羽@名古屋E.L.L.
始まりました、唄人羽の10周年記念ツアー。

かなりの早朝に出発したにも関わらず、
高速で渋滞に捕まって、バッタバタで会場入り。

「事故」渋滞がホントに多い。
ま、車が増えれば事故も増えるわな。

料金が安くなったんだから、仕方ないかぁ。

・・・って思うのも、なんか癪だしなぁ。う~ん。
「高速」道路の本来の目的が変わってくるじゃん。
なんともなんとも・・・。


そそくさと準備を始めて、リハーサル。
時間がちょっと足りなかったけど、いい感じいい感じ。


気がついたら、いよいよ、本番!

気合いを入れ直すっ!!
なぜか、この日のかけ声は、

GO!羽!GO!




準備や移動の疲れなど、ちょっと不安もあったけど、
始まった瞬間、そんな不安は吹き飛んだ。

みんな、めちゃくちゃ集中していた。
音が一つ固まって、みんなの音が良く聞こえる。
だから、不安を感じる必要がない。いいじゃん!


東京でのリハを直前まで連続でできたのも功を奏した。
良い形でツアーに入れた。
やるべきことはすっかり体に入っていた。

2時間半はあっという間に過ぎていた。
集中していたんだな。

演奏はすごく丁寧で、
初日らしい初々しい感じでライブは終了!



終了後、そのまま大阪まで走った。
くたくただったけど、その方が明日一日ゆっくり休める。

そして、俺は、人生初のカプセルホテルに。

アトラクションに入る前のように、ドキドキ、ドキドキ。
みんなに置いて行かれないように、みんなのやることを真似した。

大浴場で、これまでの疲れを一気に吹き飛ばし、食堂で一杯!!!!

いや、もう一杯!!

もう一杯いっちゃおうかな!?

あと一杯だ!


早く寝ればいいものを、結局飲み明かしてしまう始末・・・。

SH3D0003_400.jpg

安井君は、漫画を読むのに正座をしていた。
どんだけ、育ちいいんだよっ!笑


カプセルホテル、かなり楽しいかも!!







Music Diary | 23:58:39 | Trackback(0) | Comments(0)
ボジョレー・ヌーヴォー 2009
今年のボジョレー・ヌーヴォー。

0時に解禁するやいなや買ってみたよ。

SH3D0002_400.jpg

うん、うまかった!

(去年はうまくなかったのは覚えている。)


SH3D0001_400.jpg

チーズ好きとしては、
ローソンで買ったこのチーズセットが意外にも大当たりで、
味覚“脳”の半分以上をこちらに持って行かれていたのも事実ですが。

飲みやすかったなぁ。
って、ボジョレー・ヌーボーだから当たり前か。笑


どうやら、今年は「50年の1度の出来だ」とか。


ただ、2003年も「100年に1度」と報道されたそうで・・・。笑

どっちがすごいの!? ねえ、どっち???


ま、自分の舌で楽しむからいいんだけどね。

縁起物だと思うちょります。
俺の中では、節分の恵方巻きと同じ。

今年の冬も健康に過ごせますように。



Diary | 00:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
唄人羽RH
唄人羽のリハーサルが始まっております。

12月にデビュー10周年を迎える、唄人羽。
信ちゃんと哲ちゃん。ずっと2人。

酸いも甘いも噛みに噛み尽くして、
笑って泣いて喜んで苦しんで、
それでもなお、唄いつづけている。


彼らの音楽は常に変化を続けている。
変わらないものをど真ん中に据えながらも、
この10年でいろんな顔を見せ続けていると思う。

その集大成を今見せつけようとしている。

そんな歴史的なツアーに参加できて光栄だ。

バンド形式でのツアーは2年ぶりだとか。

このメモリアルなツアー、羽にゆかりのあるメンバーにて
最強の布陣で臨んでおります。

KC3A0108_400.jpg

左から
ピエール/唄人羽アレンジャー:ギター&ピアノ
本田哲郎/唄人羽:ボーカル&ギター他
浅見トマル/元ザ・ベイビースターズ:ドラム
安井佑輝 /元チャコールフィルター:ベース
安岡信一/唄人羽:ギター&ボーカル


久しぶりなんだけど、
みんなそれぞれに何だかんだ会っているんで、
そんな感じはしないなぁ。

羽のサポート自体も久しぶりなんだけど、
意外と身体が覚えていてくれて、
良いスタートが切れた。


間違いなく、楽しくなるだろうね、こりゃ!



Music Diary | 23:56:30 | Trackback(0) | Comments(0)
SCANDAL
ガールズバンド「SCANDAL」のレコーディングに、
お手伝いに行ってきました。

メンバーは全員女の子のロックバンド。
平均年齢19歳。

みんな、かわいらしいんで、
おじさん、ぽわぽわしちゃいます☆


そんでもって、ドラムのRINAちゃんは、
なんとまだ高校3年生!
平成生まれ~っ!!!



お手伝いの一つは、ドラムテクニシャン。
主には楽器のチューニングをしたり、
ドラムの音を作る役目です、ハイ。

加えて、アドバイザーとして、
アレンジャーさんの要望を聞きながら、
RINAちゃんの技術と照らし合わせて、
ベストなところを狙ってアドバイスをしていく、という、
偉そうにモノを言わせてもらう仕事です、ハイ。


って、言ってもね、RINAちゃん、めちゃくちゃ叩ける!

前日夜にDEMOをもらったのに、
ちゃんと覚えてきていて、
その頑張りっぷりに脱帽でしたっ!

全然おいらの出る幕ないじゃん!

すっかり叩けてるから、
いろいろ面白いことを注文していったら、
これまた、どんどん叩き出すし!

末恐ろしい才能を見た気がしました・・・。

しかも、若いから迷いがない。

僕のドラムを持ち込んだんで、
鳴らせるかちょっと心配だったんだけど、
いや~、思いっきりひっぱたいてくれました!

気持ちいい!

最初の決めフレーズなんて、俺には叩けないだろうな~。
あんだけスパ~ン!って思いっきり良くなんて。


歳を取ると得るものもたくさんありますが、
その分取り返せないものも増えていくものなのよね・・・うう。

KC3A0107_400.jpg

SCANDALドラムのRINAちゃんと。






Music Diary | 23:08:25 | Trackback(0) | Comments(0)
This is it
ちょっと時間が出来たので、
一気に模様替えに取りかかってます。

いや、模様替えどころ騒ぎじゃないな。
「部屋」替えをやっておりまする。
作業用&楽器置き場のための洋室と、
寝室を総取っ替え。

そして、
なかなかモノを捨てられない性分なので、
こんな時にこそ思い切ってサヨナラせねば。

愛着あるものは写真に録っておこう。


ー ー ー ー ー ー ー ー 

さてさて、「THIS IS IT」観てきました。

091010thisisit.jpg


生演奏の音楽が流れ、
マイケルの歌が聞こえた瞬間、
いきなりウルウルきてしまった。

まるで、目の前で生のライブを観ているようだった!


始めてマイケルを聞いたのは小学生の時だったと思う。
親戚からもらったカセットテープの山の中に、
「Thriller」とだけ書いてあったそれ。

確か、始めて聞いた時は「怖かった」という印象。
SEとか、犬の遠吠えとか、おじさんの不気味な笑いとかに。

でも、気がつけば、いつの間にか愛聴カセットになっていた。
小学生ながらにも、何度も何度も聞いた。


僕らの世代では、
どちらかというとゴシップネタで有名になってしまい、
彼のその実力が正当に伝わってこなかった。

しかし、この映画で、マイケルは魅せてくれた!


リハーサルなので、実力の7割程度しか出してないらしい。
年齢だって、御年50歳である。

それで、あれか!!

たまに、「本気に近い」歌を聞けたけど、
心にビシビシ届いて体が震えて、泣けてしょうがなかった。

マイケルって、やっぱりすごいんだ・・・。


歌や踊りのパフォーマンスだけでなく、
音への追求、舞台進行のビジョンも完璧にイメージしてて、
お客さんへのサービス精神も何もかも、
そのレベルの高さに、何度も衝撃を受けた。


ダンサーや、バンドなど
バックメンバーのパフォーマンスにも度肝を抜かれた。
いろんな世界一を見れたのは良かった。



マイケルが亡くなったのは、
最後のツアー「THIS IS IT」が始まるほんの2週間前。

マイケルの、ホントに全てが詰まったステージ。

やらせてあげたかったな。

そして、その姿を見たかったな。

091010thisisit02.jpg




Diary | 23:11:15 | Trackback(0) | Comments(2)
めずらしく丸の内
週末は、丸の内へ。
久しぶりに買い物。

遅めで軽めのランチは、
たまたま立ち寄ったベーカリー併設のカフェで。

091108marunouchi01.jpg

パンとバターと蜂蜜。
これだけのセットなんだけど、十分!


だって、パンはうまいし、蜂蜜は濃厚。
そんでもって、
ECHIRE(エシレ)のバターが、たまらない!
フランスの有名店ご用達なだけでなく
モナコ、英国の王室などでも使用されているのは、ナットク!


いろいろ歩き回って、

このお出かけ最大の目的の縦縞シャツとか、
憧れブランドのニットのアウターとか、
来年向けのできそうな男の手帳とか、
えらく書きやすいシャーペンとか、

思いがけなくも、至極満足の成果。
ニンマリ。

091108marunouchi03.jpg


夕飯は、カレーうどんの古奈屋へ。

091108marunouchi02.jpg

気がつけばノンストップ。ぺろりっ。うま!


丸の内、ガチャガチャしてなくていいなぁ。
大人な街って感じ。

また行こっと。




Diary | 18:21:48 | Trackback(0) | Comments(1)
【リリースのお知らせ】
大石昌良くんの
4thシングル「幻想アンダーグラウンド」に
参加しています。


ooishi_genso_ug.jpg



2009年10月21日 リリース!

4thシングル「幻想アンダーグラウンド」

扇谷研人(ex:ORQUESTA DE LA LUZ)プロデュースによる
ニューシングルは異色作にして、問題作。

<収録曲>
 M1. 幻想アンダーグラウンド
 M2. 誤解しないで下さい ~制作期間中の息抜きです~

 CYCL-35023 / ¥900 (税込)

《タイアップ情報》
 ◆ BS朝日 デジタル5ch
  「ぜひもの」 10-12月 エンディングテーマ
   毎週土曜日12:30~

 ◆ メーテレ(名古屋テレビ)
  「スポケン」11月度エンディングテーマ
   毎週土曜日24:30~25:00

 ◆ MBS毎日放送
  「麒麟の部屋」11月度エンディングテーマ
   毎週火曜日24:50~

詳しくは大石昌良オフィシャルウェブサイトで。
http://014014.fc.yahoo.co.jp



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

またまた告知が遅くなりまして申し訳ありません。

これ、マジですごい出来上がりです。

敢えてこの時代に、こんなポップスをぶつけちゃる!
って程の意欲作だと思います。

大石ワールドは、この曲で一つ極めた!
と言っても過言ではありません。


ぐいんぐいんと、スウィングしております。
こんな僕のドラムは珍しいので、ぜひとも聞いてみてほしいなぁ。

チーチッキ、チーチッキ♪



Works | 20:36:53 | Trackback(0) | Comments(0)
まきちゃんぐ@大阪 Umeda AKASO
昔バナナホールという名前だった今日の会場。
懐かしいなぁ。10年も前に来たなぁ。
って、すっかり改装でその面影は感じられなかったけどね。


サウンドチェック前に、
スタッフ神戸さん、関さんの超おすすめのお店へ。

お二人は、今日の第1食目をここのラーメンにするため
岡山からの新幹線の中、ずっとガマンしていた。笑

091102yosuko01.jpg

透き通ったスープに口をつけた途端、
お二人の気持ちが一瞬で理解できた。うまい!!
あっという間に食べ尽くしたよ。

チャーハンもうまかったな~。

091103yosuko02.jpg

見よ、この歴史ある店構えを!
揚子江ラーメン「名門」。
名前負けなんてとんでもない、まさしく名門店です。


本番前、差し入れの手作りシフォンケーキと、
超有名な堂島ロールに、のけぞり悶えうった。

暖かい楽屋も相まって、
すっかり眠くなってしまったが、

こらこら、本番です。


演奏は相変わらず緊張感たっぷり。
さっきの眠気なんてどこかに行っちゃいます。笑

昨日も思ったんけど、
本番では、それぞれの出す音が“ぴたっ”とくっつく。

ホントにぴたっと。

リハだけでは得られなかった「感動」がその瞬間に生まれる。
関さんの導き方も「ここ」の隙間、余裕を
ちゃんと本番のために残しておくんだよな。


昨日の岡山でいろいろ見えたのだろう、
今日のまきちゃんぐは、さらにギアを上げてきた。

歌は、昨日も話した通り全くもって素晴らしいのだけど、
まきちゃんぐのもう一つの魅力は、MC。しゃべり。

あの絶妙のトークは何だろう?才能だね。

「天然」とか言われてるとも聞くけど、
あれは天然なんかじゃないね。

周りの空気、トークの流れをちゃんと読んで、
独特で楽しい言葉を繰り出していく。

いや~、笑った!笑った!


せっかくのライブMC。
通り一辺倒で聞いたことのあるような言葉よりも
その人が見える「生の」言葉であって欲しいよね。

たとえそれが、つまずいたり、たどたどしいものだったとしてもね。
想いがそこにあるわけなんでね。
MCもライブ。手を抜いてはいけないと思います、ハイ。


次回は、11/24(火)ファイナル東京!ぜひ!!

表現豊かでリアルな歌と、不思議で面白いおしゃべり。
まきちゃんぐの、この抜群のギャップを楽しみに来ませんか?



Music Diary | 23:20:50 | Trackback(0) | Comments(0)
まきちゃんぐ@岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
岡山、久しぶりだなぁ。
バンド時代は岡山の方々にいろいろお世話になりました。


会場入りして、早速セッティング。

091102set.jpg

向こうのドラムセットと、
手前のパーカッションセットを
行き来しますのです。

いろんな楽器で音楽できるから、たのすぃ~♪

本番前、まきちゃんぐオススメの
ハンバーガーを食べたかったんだけど、お休み。
でも、代打のオムライス、美味かった~!!

ハンバーガーはいつか!


さてさて本番。

まだツアーは続くので詳しくは書けないけど、
丁寧に音を紡いでいく程よい緊張感がすごく心地良かった。

まきちゃんぐはホントに歌がうまし、表現力もすごく豊か。
同じく歌詞の世界観も豊かでリアルだし、グッとくる。
メロディもいいんだよね。べた褒めじゃん。笑

スタッフによると初日&地元岡山で緊張してたらしいけど、
お初の僕にはそんな風には全然見えなかったけど。

ツアー初日としては、大成功っしょ!
明日の大阪が楽しみになった。


ライブ後、すごくお世話になった岡山のライターさん、
樹里ちゃんとも久しぶりに再会!!

まきちゃんぐとも深い仲であることを知り、
さらにびっくり!繋がるね~。

091102makichang.jpg

写真左から、
ギター&ベース&バンマスで関淳二郎さん。
(このチームに呼んでいただいてありがとうございます)
いつも変顔のまきちゃんぐ。
ドラム&パーカッション&鍵盤ハーモニカで私。

こんな3人で回っております。





Music Diary | 23:24:26 | Trackback(0) | Comments(0)
リップ・ヴァンズ@渋谷 O-WEST
リップ・ヴァンズ主催イベント「One to One vol.5」

奄美発→鹿児島経由の第1便で東京に舞い戻った。
昔なじみの連中も数多く出るんで、すごく楽しみにしてた。

091101lip.jpg

IMG_8510.jpg

今日のライブは、今までで一番熱かったんじゃないか?

メンバーみんなが
同じ想いを共有して、
同じ方向を向いて、
同じ瞬間に集中して、
間違いなく固まりになれてた気がする。


IMG_8476.jpg

オレも久々に赤なんぞを着たりして。笑

友達のブランド、FREEDOMade VintageのTシャツですわ!


IMG_8583.jpg

アンコールでは出演者総出で、大セッション!
JOHN LENNON先生の「POWER TO THE PEOPLE」!

満員御礼!ありがとう!


打ち上げは、まるで同窓会でした。
みんないろいろあるけど、がんばっている。
でも、こうして笑い合える。讃え合える。
それでいいと思う!


ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

このイベントの目的は、
リップ・ヴァンズ木谷くんが常日頃から取り組んでいる、
「エコキャップ」の活動を知ってもらおう、
活動に参加してもらおう、というもの。

エコキャップとは?

ただ捨てていたペットボトルのキャップを「800個」集めると、
「1人分のポリオワクチン」に変えることができ、
世界中の子供たちを救うことができる。

さらに、キャップ800個をゴミとして処分した場合、
「CO2」が6300g発生するが、
リサイクルならその「削減」にも繋がる。

とのこと。

小さな1個が、1人の命を救う。
小さな1個が、たった1つの地球を救う。

そんな意味を込めての「One to One」なんだろうな。

IMG_8320.jpg

素晴らしい奴だよ、木谷雅は!
「漢」と書いて「おとこ」だね。


photo by norina. thanks!



Music Diary | 23:37:54 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。