■ お知らせ

ディレクター始めました。
詳しくはこちら。

■ スケジュール

1/15(土) 原宿アストロホール
2/11(祝) 代官山 晴空豆

(他、突然飛び入りはあるかも!?)

詳しいスケジュールはこちら

■ PROFILE

Azami Tomal

Author:Azami Tomal
浅見トマル (あざみとまる)

音楽ディレクター、A&R。

ミュージシャン。
Sound Produce, Drums, Perc.

トマル術を知らないんです。

※ブログはきまぐれで進行中。


最新スケジュール


プロフィール詳細

メッセージはこちらへ。

mixiもやってます。

足あと帳あります。
 靴は履いたままでどうぞ。

「wanicoff」やってます。
 <3Musicians+1VJ+1Design>

「創作ユニットRe@life」
 日々面白いこと考えてます。
 ポッドキャスティング配信中!
 こちらのBlogにも時々寄稿。

■最近の記事
■最近のコメント
■過去にお世話になった方々 他
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■RSS
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中村瑞希&ハシケン@京都 礫礫
もう少しすると、最も繁盛期を迎える京都。
1年ぶりの京都だ。


ハシケンさんとバイオリンのゆきさんは、
ただ今二人名義でツアーをしていて、岡山から京都に入った。

ハシケンさん仕切りの現場ではよくあることだけど、
事前リハーサルはないまま。

お二人はツアーを経て、きっと熟した状態でやってくるんだろうな、と
後追いのプレッシャーに包まれた、少し不安な気持ちもあったけど、

ま、ここは、礫礫。
素直に向かえば、神さまが助けてくれるさ。
(礫礫には何かいると思うのです。)


091017takutaku01.jpg

本番前に時間があったので、外に出た。

錦市場から2、3本“上がった”辺りをぶらぶら。

やっぱりこの街は好きだ。
古いものと新しいものがうまく融けているなぁ。

091017takutaku02.jpg

京都の"蔵"と瑞希ちゃんの声は、絶妙なマッチングだった。
あの絶品の声が壁にすうっと吸い込まれていた。

ハシケンさんは、相変わらずの場の空気をコントロールするライブ。
ツアーを超えて来てるだけあって、有希さんとの一体感は増していた。
僕はお二人の呼吸にそっと寄り添うだけ。
壊さないように、でもより広げられるように、を心がけた。

ラストの「青い月」は素晴らしかった!
唄、曲、演者、街、それぞれ「昔と今」が見事に融け合っていた。


091017takutaku03.jpg

礫礫の2階部分が楽屋になっていて、
過去に出演した方々を思わせるパネルがずらり。
国内外のビッグネームもたくさんあって、
歴史を感じることができる。


今回はのんびり京都散策できなかったけど、
最近思うのは、旅行は仕事にくっつけていくより、
"わざわざ"行く方が良いのではと思っているので・・・、

ま、またゆっくり行けばいいや。



Music Diary | 23:40:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。